Fandom


24行: 24行:
 
}}
 
}}
 
'''リンダ・キャロル・ハミルトン'''(''Linda Carroll Hamilton''、[[1956年]][[9月26日]] - )は[[アメリカ合衆国]][[メリーランド州]]出身の[[女優]]。
 
'''リンダ・キャロル・ハミルトン'''(''Linda Carroll Hamilton''、[[1956年]][[9月26日]] - )は[[アメリカ合衆国]][[メリーランド州]]出身の[[女優]]。
  +
== 経歴 ==
  +
幼少時から劇団に所属し子役として活動。高校卒業後、地元の芸術大学に進学するが、女優になるため[[ニューヨーク]]に移住、[[リー・ストラスバーグ]]に演技を学ぶ。1979年、『Night Flowers』で映画初出演後、1984年『[[ターミネーター]]』で[[サラ・コナー]]を演じる。1987年にはテレビドラマ『[[美女と野獣]]』で主演し、[[エミー賞]]、[[ゴールデングローブ賞]]の主演女優賞にノミネートされる。
  +
  +
1991年、『[[ターミネーター2]]』で[[サラ・コナー]]を再び演じ、[[サターン賞]]主演女優賞を受賞。続編である『[[ターミネーター3]]』への出演を打診されるが、「この脚本にはドラマがない」として断る。以後『ザ・ターゲット』、『[[ダンテズ・ピーク]]』などに出演。その後は主にテレビドラマに出演する。
  +
  +
私生活では1982年に俳優[[ブルース・アボット]]と結婚し一男を産むが、1989年離婚。1993年、『[[ターミネーター]]』の監督である[[ジェームズ・キャメロン]]との間に一女を産み、1997年にキャメロンと再婚するが、[[1999年]]に離婚する。
  +
  +
[[一卵性双生児]]の妹であり、『[[ターミネーター2]]』の1シーンで姉レスリーと共演する。クライマックスでサラとサラを擬態した[[T-1000]]が同時に画面に出るシーンがあるが、手前のT-1000をリンダが、奥のサラをレスリーが演じ、バストショットになる際はリンダが演じている。
 
== 主な出演作品 ==
 
== 主な出演作品 ==
 
* [[ターミネーター]] ''The Terminator'' (1984)
 
* [[ターミネーター]] ''The Terminator'' (1984)

2009年6月25日 (木) 15:33時点における版

リンダ・ハミルトン
リンダ・ハミルトン
Linda Hamilton 1
(1997年)
本名 Linda Carroll Hamilton
生年月日 1956年9月26日(64歳)
出生地 メリーランド州ソールズベリー
民族 イングランド系アメリカ人
職業 女優
活動期間 1979年 -
配偶者 ブルース・アボット (1982 - 1989)
ジェームズ・キャメロン (1997 - 1999)
主な作品
ターミネーターサラ・コナー

リンダ・キャロル・ハミルトンLinda Carroll Hamilton1956年9月26日 - )はアメリカ合衆国メリーランド州出身の女優

経歴

幼少時から劇団に所属し子役として活動。高校卒業後、地元の芸術大学に進学するが、女優になるためニューヨークに移住、リー・ストラスバーグに演技を学ぶ。1979年、『Night Flowers』で映画初出演後、1984年『ターミネーター』でサラ・コナーを演じる。1987年にはテレビドラマ『美女と野獣』で主演し、エミー賞ゴールデングローブ賞の主演女優賞にノミネートされる。

1991年、『ターミネーター2』でサラ・コナーを再び演じ、サターン賞主演女優賞を受賞。続編である『ターミネーター3』への出演を打診されるが、「この脚本にはドラマがない」として断る。以後『ザ・ターゲット』、『ダンテズ・ピーク』などに出演。その後は主にテレビドラマに出演する。

私生活では1982年に俳優ブルース・アボットと結婚し一男を産むが、1989年離婚。1993年、『ターミネーター』の監督であるジェームズ・キャメロンとの間に一女を産み、1997年にキャメロンと再婚するが、1999年に離婚する。

一卵性双生児の妹であり、『ターミネーター2』の1シーンで姉レスリーと共演する。クライマックスでサラとサラを擬態したT-1000が同時に画面に出るシーンがあるが、手前のT-1000をリンダが、奥のサラをレスリーが演じ、バストショットになる際はリンダが演じている。

主な出演作品

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。