Terminator Wiki
Advertisement
ジェームズ・キャメロン
ジェームズ・キャメロン
1986年撮影
1986年撮影
本名 James Francis Cameron
生年月日 1954年8月16日(66歳)
出生地 オンタリオ州カプスカシング
国籍 Flag of Canada.svg カナダ
配偶者 ゲイル・アン・ハード (1985-1989)
キャスリン・ビグロー (1989-1991)
リンダ・ハミルトン (1997-1999)
スージー・エイミス (2000-)
主な作品
ターミネーター
ファイル:James Francis Cameron.jpg

189px

ジェームズ・フランシス・キャメロンJames Francis Cameron1954年8月16日 - ) は、カナダ出身の映画監督脚本家映画プロデューサーである。左利き。身長188cm。

来歴

カナダオンタリオ州カプスカシング生まれ。父は電気技師、母はアマチュア画家[1]。幼い頃から母に芸術面を応援され、美術には才能を見せていた。15歳の時に、『2001年宇宙の旅』を見て、自作の宇宙船やプラモデルを使い、16ミリカメラなどで実験映画を撮り始める(『2001年宇宙の旅』は映画館で10回も見たという)。7歳の時カリフォルニア州オレンジ・カウンティに移り、カリフォルニア州立大学フラトン校に入学。当初は海洋生物学と物理学を専攻していたが、トップになるには数学の能力に欠けていることを知り、英文学に変更する。2年後、大学を中退し、惚れ込んだ地元のカフェのウェイトレスと結婚、小さな家に移り住む。トラック運転手などをしていたが[2]1977年に封切られた『スター・ウォーズ』を見て仕事を辞め[3]、再び映画制作に没頭する。そして友人と共に1978年、35ミリの短編SF『Xenogenesis』を制作する。この短編がきっかけとなりロジャー・コーマンのニュー・ワールド・ピクチャーズに入る[2]

いくつかの作品を手伝ったのち、『殺人魚フライングキラー』を監督するが、周囲の無理解と低予算に苦しめられ、作品も不本意なかたちで上映されてしまう。しかし、失意のどん底で作り上げた低予算のSFアクション映画『ターミネーター』が世界中で好ヒットを記録。世界の映画ファンにその存在を知られることになる。その後、『ターミネーター』のヒットを受けて制作を依頼された『エイリアン2』が、また大成功を収め、全世界で1億8000万ドルの興行収入をあげる。途中、深海を舞台にしたSF映画『アビス』で不振に悩まされるも、1991年、自身が監督した映画『ターミネーター』の続編『ターミネーター2』が大ヒットして、全世界で5億6000万ドルの興行収入をあげる。さらに1997年アカデミー賞11部門を受賞した『タイタニック』が世界映画史に残る大ヒットを記録。『タイタニック』の全世界興行収入18億3000万ドルの記録は、いまだ破られていない。

1990年代前半に、制作会社ライトストーム・エンターテイメントとSFX会社デジタル・ドメインを設立。私生活ではプロデューサーのゲイル・アン・ハードと1985年に結婚、1989年に離婚。直後にキャスリン・ビグローと1989年に結婚、1991年に離婚。リンダ・ハミルトンと1997年に結婚、1999年に離婚。スージー・エイミスと2000年6月に結婚。

特徴

基本的にはスケールの大きな映画を構想し、大ヒットに導く実力を持ったアクション映画畑の監督であるが、同種の凡百の監督とは異なり、その演出はところどころで映画的なエロスを湛え、また、いずれの作品も母性の賞揚をストーリーの原動力にしている節も見受けられるあたりから、いわゆる作家主義の映画マニアからも一目置かれる存在である。自分の撮影した作品に関して完璧主義として知られ、前述の不本意な作品である『殺人魚フライングキラー』については、インタビューで話題に出すのもNGと言われるほどに嫌っているという説があるが、自身のドキュメンタリー番組や評伝の中ではごく詳細に語っている。

特筆すべき彼の特徴として徹底してリアリズムを追及する点が挙げられる。『タイタニック』では、巨大な船のセットを岸壁から見て右になるように作ったが、史実では岸壁から見て左であり、その点を解消するためにセットの文字を全て反転させ、最後に映像を反転させて史実に倣うよう編集した。

SF、潜水などと同様作品に反映されているキャメロンの趣向の一つに「ミリタリーマニア」がある。『ターミネーター』では銃砲店での店主とのやりとりや改造の仕方などを緻密に描写し、脚本を担当した『ランボー/怒りの脱出』の銃器描写もマニアをうならせた。映画撮影にも精通したキャメロンらしく『エイリアン2』では海兵隊の装備として当時実在した銃器をモデルにパルスライフルを考案したり、ステディカムの振動吸収器にM56A2スマートガン(射撃者が見た物を装着したアイウェアで識別し、照準を微調整する)を搭載した射撃システムを登場させている。 映画作品では基本的に脚本も自ら手掛けており、「後の監督としての苦労を考慮すると創作の幅を狭める事になるため、その部分を押し殺して自由奔放にストーリーに没頭する」と語っている。[4]また画力にも優れており、『ターミネーター』のエンドスケルトン(内骨格)や殺人ロボットHK、『エイリアン2』のエイリアンクイーンやパワーローダーなどのコンセプトデザインを自ら手掛けた他、『タイタニック』に登場する主人公ジャックのスケッチもキャメロンの筆による物である。

近年は考古学に強い関心を示しており、いくつかの非常に奇抜な学説を提唱し、賛否両論を巻き起こしている。

主な作品

製作

  • Xenogenesis1978年
  • ターミネーター2 Terminator 2: Judgment Day1991年
  • ハートブルー Point Break1991年
  • トゥルーライズ True Lies1994年
  • ストレンジ・デイズ Strange Days1995年
  • タイタニック Titanic1997年
  • ソラリス Solaris2002年
  • ジェームズ・キャメロンのタイタニックの秘密 Ghosts of the Abyss2003年
  • エイリアンズ・オブ・ザ・ディープ Aliens of the Deep2005年
  • Avatar2009年
  • ミクロの決死圏 Fantastic Voyage2010年
  • Battle Angel2011年

監督

  • Xenogenesis1978年・短編)
  • 殺人魚フライングキラー Piranha II: The Spawning1982年
  • ターミネーター The Terminator1984年)
  • エイリアン2 Aliens1986年・ディレクターズカットあり)
  • アビス The Abyss1989年・ディレクターズカットあり)
  • ターミネーター2 Terminator 2: Judgment Day1991年・ディレクターズカットあり)
  • トゥルーライズ True Lies1994年
  • タイタニック Titanic1997年
  • ジェームズ・キャメロンのタイタニックの秘密 Ghosts of the Abyss2003年・ドキュメンタリー)
  • エイリアンズ・オブ・ザ・ディープ Aliens of the Deep2005年・ドキュメンタリー)
  • Avatar2009年
  • Battle Angel2011年

製作総指揮

  • ハートブルー Point Break1991年
  • I-MAX 海底火山の謎 Volcanoes of the Deep Sea2003年
  • ダーク・エンジェル Dark Angel (2000年 - 2002年・TVドラマ)
  • キリストの棺

脚注

テンプレート:脚注

外部リンク

  • James Cameron Biography (1954-). Film Reference.com.
  • 2.0 2.1 James Cameron Biography by FilmMakers Magazine
  • The Force Is With Them: The Legacy of Star Wars, 2004.
  • キネマ旬報刊「コンプリート・スクリーンプレイ・ターミネーター2」より